矯正歯科・顎関節症

高田歯科クリニックの顎関節症治療

横浜市港北区網島の歯医者「高田歯科クリニック」では、歯並びの改善や顎とその周辺に起こるトラブル、顎関節症の治療にも力を入れています。歯並びをきれいにすることは見た目の改善につながるだけではありません。かみ合わせを改善することで口腔内だけでなく、身体全体の健康に繋がるのです。こちらでは、高田歯科クリニックの矯正歯科・顎関節症についてご説明いたします。

矯正歯科とは

口元は、対面したときに最初に目が行くパーツと言われています。つまりそれは、第一印象を大きく左右するということでもあります。きれいに整った歯並びなら、相手にもきっと好印象を持たれることでしょう。一方で、歯並びがコンプレックスのため「口を大きく開けて笑えない」など、自然な笑顔を作るのが得意ではない……という方もいらっしゃるようです。口元を手で隠すことで、すてきな笑顔も見えなくなってしまうのは、歯科医療に携わる者として少し残念です。 歯並びの乱れは、見た目だけに関係するものではありません。歯並びが乱れていると、しっかり噛めなかったり、みがき残しが発生して虫歯や歯周病リスクが増したりなど、噛み合わせや全身の健康にも影響します。こちらでは歯並びを整えるメリットをご紹介します。

矯正をするメリット
  • 見た目が改善される
  • かみ合わせが良くなり、しっかり噛んで食べることができる
  • ブラッシングの際にしっかりケアできるようになる
  • 発音や活舌が良くなる
  • コンプレックスが解消される
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
糖尿病 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん) 心筋梗塞・脳梗塞
通称「出っ歯」。上の前歯や上顎全体が前方に突き出している
【問題点】
・口が閉じにくい
・転倒した際にケガをしやすい
通称「受け口」。下の前歯や下顎全体が前方に突き出している
【問題点】
・正しい発音がしづらい場合がある
上下の前歯、または上下の顎全体が前方に突き出している
【問題点】
・唇の内側のケガをしやすい
叢生(そうせい) 空隙歯列(くうげきしれつ) 過蓋咬合(かがいこうごう)
肺炎・関節炎・腎炎 早産・低体重児出産 骨粗しょう症
歯がデコボコに並んだり、重なり合ったりして生えている状態。「八重歯」や「乱ぐい歯」も叢生の一種
【問題点】
・歯ブラシが届かず汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすい
通称「すきっ歯」。歯と歯の間にすき間がある状態。歯の中心にすきまがある場合、「正中離開」という
【問題点】
・息漏れして、正しく発音できない場合がある
咬み合わせが深い状態。下の歯が見えないほど上の歯が深くかぶさっている
【問題点】
・上の前歯によって下の歯ぐきが傷つきやすい
開咬(かいこう) 交叉咬合(こうさこうごう)
肺炎・関節炎・腎炎 早産・低体重児出産
奥歯を咬み合わせても、前歯が咬み合わず、上下の歯が開いてしまう状態。「オープンバイト」ともいう
【問題点】
・息漏れし、正しく発音できない場合がある
顎や咬み合わせが左右にずれている状態。「クロスバイト」ともいう
【問題点】
・正しく発音できない場合がある
・左右の顎の成育に差が生まれ、顔にゆがみが生じる場合がある

顎の痛みや違和感は放置しないで~顎関節症の基礎知識~

顎の痛みや違和感は放置しないで~顎関節症の基礎知識~

顎関節症とは、口を開けるときに痛みがあったり、耳の前にある顎関節からカクカク、ジャリジャリと音がしたり、口を大きく開けられないといった症状のある、女性に多いとされるトラブルです。放って置くと、顎の関節が変形することもあります。また、症状もはっきりと顎に痛みが出るものだけでなく、顔や肩、頭の痛みを感じるケースもあります。

顎関節症の原因は、精神的ストレスや歯ぎしり・食いしばり、噛み合わせや生活習慣など無意識に行っていることが複雑に絡み合って引き起こされます。当院では、どのような症状があるか、その原因は何かとしっかり探り、一人ひとりの患者様に適切な診断・治療をご提案します。顎や周辺に異変を感じたら、お早めに当院へご相談ください。

顎関節症かんたんセルフチェック

こんな症状があると顎関節症かもしれません

  • 口を大きく開けられない、口を閉じられない
  • 口を大きく開けたり硬いものを噛んだりすると、顎が痛い
  • 口を開けようとすると引っかかる感じがする
  • 口を開けるときに、まっすぐ開けられない、曲がってしまう
  • 顎を動かすとカクカク・ジャリジャリなどと音がする
  • 頭痛・肩こり・耳の痛み・眼精疲労がある
  • 手の人差し指・中指・薬指を縦に揃えて口に入らない

当院の顎関節症治療

クロポールセン筋診断

咀嚼筋や顎関節の機能を調べる方法です。顔や首の筋肉を決められた手順で触診し、痛みがどこにどれだけあるかをチェックします。さらに次の4つのポイントを調べることで、より痛みの所在や原因を把握することができます。

  • 口を最大に開けたときの距離の測定
  • 口の開閉時の、正中偏位(下顎の歯の中央の位置)を測定
  • 顎関節音の有無
  • リラックスした状態で、上下の歯の隙間の距離を測定
  • 姿勢分析

    噛み合わせと全身の筋力バランスの関係を、姿勢から分析します。普段何気なく行っている生活習慣とそのときの姿勢が、顎関節症の症状を引き起こしていることがあるためです。悪い姿勢としては、猫背はもちろんのこと、足を組んだり、頬杖をついたり、横座りや高枕、スマートフォン等の長時間使用などが挙げられます。

    スプリント療法

    上下の歯型から、取り外し可能なマウスピースを作成し、右均等に力がかかるように調整します。就寝時などに装着することで強い歯ぎしりや食いしばりなどを緩和し、歯や顎関節にかかるダメージを軽減します。

    ゴシックアーチ(顎関節の運動表記)

    装置を装着した状態で顎を動かしてもらうことで、どのような位置・動きをするかを記録する方法です。顎関節や咀嚼筋が無理なく動く位置(噛むときの中心位置)と、患者様が日常的に噛んでいる位置(咬頭嵌合位=安定して上下の歯が噛み合っているときの位置)のズレを測定します。ズレの的確な把握に役立ち、症状に最適な処置を検討することができます。

    ゴシックアーチ(顎関節の運動表記)