歯の事でお悩みなら、虫歯の治療・インプラント・ホワイトニング等に定評がある綱島の高田歯科クリニックへご相談下さい。

高田歯科クリニック

落ち着いた空間で、一般保険診療~自費診療までを行っております。

土日も診療/平日夜20:30まで診療(水・祝祭日を除く)

045-642-4002

診療時間 平日 10:00~13:30/15:00~20:30
  土・日 10:00~13:30/15:00~17:00

ブログ -blog-

HOME  > ブログ   > 虫歯の原因は何?

  • 虫歯の原因は何?

    こんにちは。助手の門脇です!

    寒さが少しずつ厳しくなってきましたね(>-<)))))

    あっという間に本年もわずかになってきましたが、皆さま体調など崩しておりませんか??

     

    今日は虫歯の原因についてお話ししていきます♪

     

     

    もちろん歯磨きのやり方が間違っていては虫歯になってしまいますが

    実は日々の食習慣によってむし歯ができやすくなるおそれもあるようです。

    では、歯にとってよくないNG食習慣とは何でしょうか?

     

    ①食事と食事の間にお菓子をだらだら食べる

    歯にとってもっともよくないのは、だらだら食べていること。

    口の中に食べ物が入った場合、多くは口の中は酸性に傾き、歯からミネラル分が溶け出す“脱灰(だっかい)”が始まります。

    虫歯予防のためにはこの脱灰の時間をなるべく減らし、歯が修復する“再石灰化”の時間をまとめて長くとることが重要なのです。

    しかし、“だらだら食い”の習慣があると口内がいつまでたっても酸性の状態で、むし歯のリスクが高くなってしまいます。

    甘いものやジュースなどは食後のデザートとして食事のあとに続けて食べて、そのあとにしっかり歯磨きするようにしましょう。

     

    ②酸の強い飲み物をよく飲む

    酸の強い飲み物とは、お酢やコーラやクエン酸入りの清涼飲料水、スポーツドリンク、果実ジュース、果実酒など。

    こうした飲み物をよく飲んでいると、酸によって歯が溶ける“酸蝕(さんしょく)”が起こって歯のエナメル質が薄くなります。

    すると、歯がしみたり、虫歯になりやすくなったりするおそれがあるのです。

    酸の強いドリンク類は単独では飲まず、食事中に飲むようにしましょう。

    他の食品と一緒にとれば酸が歯にダイレクトに作用しにくくなり、唾液の力で酸が洗い流されるそうです。

     

    ③よく噛まずに早食いする

    食事の時間が十分にとれないときなどに、つい早食いしてしまいます。

    あまり噛まずにものを食べていると、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうおそれがあるそうです。

    というのも、食べ物を噛むことで分泌される唾液は、口のなかの健康を保つための重要な役割を担っているからです。

    虫歯菌や歯周病菌の繁殖を抑える作用や、食後に口の中の酸を中和する作用、再石灰化による歯の修復作用といった効果があるといいます。

    しっかりと噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐこともできますし、健康のためにもできるだけひと口で30回噛むように心がけましょう。

     

    食後にしっかり歯磨きするだけでなく、食習慣も改善することでむし歯をはじめとする口内トラブルを予防しましょう。

    2015年12月4日8:19 PM | 未分類

スタッフ募集